自己破産顛末記

ある日突然押し付けられた借金3000万!難病&介護する親を抱えた専業主婦の私が実際に体験した自己破産体験記です。 同じような被害に遭った方や 自己破産をお考えの方の参考になればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あと4年!(厳密に言えば、あと8年!)

今年も固定資産税の時期がやって来ました。
去年の1月に競売されましたので、登記簿から名義が外れて初めて。
ですが相変わらず役所から納税通知は来ません。

だからと言って安心は出来ないんですよね~(-_-;)
何しろ、元夫がずっと固定資産税を払ってなかったのを
300万にも膨れ上がってから請求が突然来た位ですから。

とはいえ、払えないものは払えない。
いや、例え宝くじが当たっても払いたくない!
まぁ、今の家庭に被害が及ぶようなら払いますけど
現状では私の医療費が膨れ上がり生活保護を受けたい位の家計状況です。
でも持ち家があるから生活保護すら受けられない。
爪に火を灯すような生活をするだけです。

難病なのに医療費の助成からの対象から外れていますから
どんなに具合が悪くても薬代で精一杯なので入院費すら払えませんので、ひたすら自宅療養。

今回の元夫から押し付けられた滞納した住宅ローンによる自己破産にしろ
固定資産税にしろ、正直
「不動産なんてお腹イッパイ」
投資目的で不動産に手を出す人の気が知れません(^^;

私からアドバイスをするとしたら以前も書きましたが
家を買う時は
1:一生その人は自分を愛してくれる確信があるか。
2:キチンと人生設計が出来ていて家を買うのか。
3:名義は単独名義にすること
4:離婚の際はキッチリと名義変更する事
(慰謝料として家を貰う時は要注意です)

今思えば離婚した時、自己破産してやれば良かったと思います。
愛人と隠し子の為に騙されて共有名義で買った家ですもの。
(元夫の収入ではローン審査が下りなかったため)
今頃になって自己破産するなら、あの時整理も兼ねてしちゃえば良かったと思いますが
当時の若かった私には自己破産というものは「人生の終わり」
それをしちゃったら人生お終いだと思いこんでいたのです。


でも実際にしてみたら、大した不便もありませんでした。
闇金からのDMも今ではもう来ませんし、周りに知られる事もありません。
勿論、戸籍等にも載らないし、主人にも何も影響はありません。
まぁ、私名義の預金や保険はなくなりましたが。
今の私にとって、保険が一番痛いかな・・・
元夫の借金が判明し、私に督促が来たときはすでに病魔に冒されてましたから
新たに同じ条件で医療保険に入ることは出来なくなりましたから。
まぁ、「男を見る目がなかった」私の責任でもあるのですが。

という訳で、税金は取り合えず、あと4年待ってみて督促が無ければ「逃げ切れた?」
逃げられなくても膨大な医療費の領収書と自己破産の書類を持って交渉に行く予定です。
「財産も無く、毎年何十万の医療費を支払ってるので無理!」と。

そして・・・現在はカードも作れず、生活が辛くても借金も出来ない、
大袈裟に言えば社会的に抹殺されたような状態ですが、
あと8年我慢すればそれもクリアされます。

それまで、今の主人には元気でいて貰わねばなりませんね(^^;

そんなこんなで、このブログもそろそろお役御免になります。
同じ様な境遇の方の為に残しておくツモリですし、
自己破産では免除されない税金の事などは何かあれば更新するツモリですが、
年数回更新するかどうかです。

検索などでいらした方は、どうぞ過去ログから御覧下さい。
(サイドバーのカテゴリーに解かり易く纏めたつもりです)
自己破産の手続きやらメリットデメリットなど出来る限り詳しく書いたツモリです。

これから自己破産される方の少しでも参考になればと思います。


ランキングに参加しています。


にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ

関連記事
スポンサーサイト

担保不動産の処分や税金など |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。