FC2ブログ

自己破産顛末記

ある日突然押し付けられた借金3000万!難病&介護する親を抱えた専業主婦の私が実際に体験した自己破産体験記です。 同じような被害に遭った方や 自己破産をお考えの方の参考になればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【実体験】お金の無駄!保証人協会の役割って何?

そういえば、ふと疑問に思いました。
私は13年も前に離婚した元夫が
住宅ローン(他)の支払いを延滞して失踪した為
住んでもいない家の借金の為に自己破産に追い込まれました。
KREydq_Ps5e1PDq1360249745_1360249988.jpg

事件発覚から破産申し立てまでは無我夢中で考えませんでしたが・・・
免責を待つだけの状態になって気持ちに余裕が出てきた時、
ローンを申し込んだ時の事を思い出したのです。

あの頃はまさか元夫が私を騙して
引越し後追い出されるとは思いませんでしたから
二人で住宅ローンの申し込みに行きました。

その時に無理やり「保証人協会」に保証人を依頼させられ
多額のお金を支払った事を思い出したのです。

勿論、それは今の夫が家を買う時も同じでした。
保証人がいなければローンを組めない。
でも万が一の時に身内を保証人にして迷惑はかけられないので
仕方なく多額のお金を支払って保証人協会にお願いしたのですが

・・・実際「万が一」になっても何もしてくれません!

保証会社は金融機関の為のもの。

これは借りる側の勘違いでもあるのでしょうけど
勘違いさせてしまうような”依頼のさせ方”も問題なんじゃないでしょうか?

・・・なんて思ったりしました。

通常、保証人といえば何かあった時に代わりに支払ってくれると思い込みます。
保険みたいに感じていました。
だから相応の値段を払うのも仕方ないのかと・・・
勿論、後で保証人には返済しなければならないでしょうけど
少なくとも早くに動いてくれれば延滞金が膨れ上がる事も無い筈です。

世間の大多数の方が多分、かつての私のように何も疑問を持たず
「保証人協会に頼んだので大丈夫」と安心している事と思います。
そして大多数の方は”万が一”の事は起きずに、
そのデタラメさに気付かないのでしょう。

家も担保に取り、更に保証人まで付けさせる・・・
(元夫の場合は私を連帯保証人にして更に保障会社まで!)
債務者が自己破産しても保証人協会が出てくる事はありませんでした。
代位弁済すらありませんでした。
何の為に支払ったのか、無駄としか言いようが無いです。
(元夫の時にそのお金を支払ったのは私ですけどね)

最近では「保証人不要」の住宅ローンも色々ありますね。
これから住宅を買われる方は、そういうのを利用した方が得策かも知れません。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己破産 - ジャンル:ファイナンス

事件は突然に起こった~自己破産のキッカケ |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。