FC2ブログ

自己破産顛末記

ある日突然押し付けられた借金3000万!難病&介護する親を抱えた専業主婦の私が実際に体験した自己破産体験記です。 同じような被害に遭った方や 自己破産をお考えの方の参考になればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

補足:「家計全体の状況」の書き方と、今後、借金苦にならない家計管理方法

これは私が実際に使用した「家計全体の状況」の用紙です。
クリックすると大きくなりますので参照して下さい。

kako-cqYcroxn9XoZva9U.jpg

このブログは回想録のようなものですが、
現在、色々な方から自己破産や債務整理について質問を受けますので
その中で多かった「家計簿なんて付けられない」との言葉・・・

実は、私も家計簿なんて付けた事はありません。
それでも、借金などもした事ありませんし、家計がマイナスになった事もありません。
前夫の為に自己破産に陥りましたが、今の結婚では繰り上げ返済すら出来てます。

この「家計全体の状況」も最初戸惑いましたが
普段の私のお金の管理方法でやってみたら通りましたので
メンドクサイ方は参考にしてみて下さいね。

まず、固定の金額のものから埋めて行きます。
(これは最初に渡されたままの用紙ですが、
ライフスタイルによって違いますので項目は自分で作ってもいいのです)
私の場合は写真に○マークを付けている所が毎月固定です。
○家賃→住宅ローンに変更
○新聞代→インターネット代に変更
○保険料
○教育費→ペット用品(餌など)に変更
○交通費(夫定期代など)
○返済→税金積み立てに変更
・・・これらは大抵、毎月同じ位の金額かと思いますし

収入も固定給でしたら同じかと思いますので
取り合えず固定の金額から埋めて行く事!

②その後、光熱費、電話代、ガソリン代など生活必需な項目を埋めて行きます。
直近2ヶ月なので、これらの検針票は捨てずに来たら書き込む事!
銀行引き落としやカード決済の場合は、その明細などを見て記載します。
(収入面以外、支出分の領収書まで提出はありませんでした)

③その後、医療費など突発的な項目を入れておきます。

④そしてまずはそれらを収入から差し引きます。

⑤残ったお金が「食費」「日用品」「娯楽費」「交際費」「被服代」ですよね?
これらは節約しようと思えばギリギリまで切り詰められます。
収入-支出が残り少ない場合、その金額は「食費」「日用品」に割り振ります。

「家計全体の状況」は、食費などは割りと大雑把でもOKみたいです。
私は食費は家族人数×1万円、日用品は人数×2千円で申請しましたが
家族の人数が多くても子供や年寄りですと、それより少なくてもいいと思いますし
逆に新生児や要介護の家族がいれば日用品が多くて当たり前。
その辺りは臨機応変で大丈夫かと思います。

自己破産を考える位ですから、余剰なお金はあまり無いでしょうから
「娯楽費」「交際費」「被服代」などはあまり書かない方が良いかもです。
特に娯楽費や被服代(下着以外)は贅沢品ですから(^^;
用途なども詳しく聞かれますし、明らかに贅沢ですと免責にならない場合も。
香典や葬式代、身内の結婚や出産祝い、自治会費などは記載してもいいかと思います。

そんな感じで出来るだけプラスマイナス0になるように調整して書けば良いのです
プラスが多いですと「払えるんじゃないか?」と思われますし
マイナスがあると「それはどうやって工面したのだ?」と突っ込まれます。

そんなに厳密に書かなくて良いのです。
そんな風にまずは書いてみてください。

そして出来たら、申し立てが終わっても、それを癖にしてみて下さい。
出来たら、申し立てに書いた通りの額で生活出来るようにしてみて下さい。
それが出来れば2度と借金する事も無いかと思います。


・・・そんな感じで、私は普段も生活しています。
まずは必要な分(毎月固定のもの)を最初に抜いておき、
次に生活必需品で変動するものの大方の予算(過去平均)を確保し
残りを食費や日用品に充てる。

今の生活で「返済」住宅ローンですから家賃と同じように考えて
「返済(業者)」は税金類の為に積み立てしています。
そして、税金の通知が来たら一括で払えば払い忘れも無いですし
固定資産税など高額な税金も焦らずに払う事が出来ます。

そんな感じで私は家計簿は付けてませんしドンブリ勘定ですが
毎月、貯蓄すら出来ています。


「借金しないで生活する方法」
簡単な事です。
まず払うものを何よりも先に払ってから生活する!
家賃(ローン)、税金、年金・保険、公共料金!
それらを払って尚、余剰があるなら、その余剰分で生活する!
そして、身の丈に合った生活をする事です。


ちょっと厳しい言い方ですけれど・・・
「生活費が足りないから借金した」?
・・・・飢える程、生活に困っていましたか?
 私は1日1食、2日に1食で耐えた時代もありますが借りてません。

「子供の学費の為に借金した」?
・・・義務教育以降は子供自身にも学費を稼がせればいいのです。
 習い事や良い学校に行っても親が借金苦になれば少なからず子供にも影響が出ますし
 ならばいっそ、苦労させた方が後々、自己破産するような子に育たずに済むのでは?

「病気の為に借金した」?
・・・保険かけていれば良かったんです。安い掛け捨てでも!
 保険は貧乏人だからこそ必要なんですよ。今は持病があっても入れる安い保険が沢山!

これは元夫のお金の使い方ですが・・・
ヤツは必要な分をまず確保せず、給料が入ると欲しいものを買っていたし
リボ払いで自分が幾ら使ってるのか感覚も麻痺していたのだと思います。
それで絶対支払わなければ破綻するローンや税金などを後回しにしていた・・・
挙句、「生活費が足りない」からと全ての支払いを滞納・・・

そのツケを払わされる人間はタマラナイ(怒)

私が元夫と離婚した当時、身体を壊し、家も職も失い、貯金も全て騙し取られました。
ですが!誰にも何処にも借金せずに這い上がりましたよ。
「お金ないから借りてしまおう」と安易に借りるからいけないんです。

会社が突然潰れたとかなら解ります。
でも自己破産するに至って参考にしようと多くの自己破産ブログ拝見しましたが
皆さん、借金地獄に陥って当たり前の生活をしているように思えました。
今回の記事を書くに至った相談者も「家計簿が付けられない」と
努力もせずに泣き言ばかり言っています。
甘ったれるな!!!!

この記事にムカついたら、それをバネに頑張って下さい!

他人の借金を肩代わりさせられる方はもっとムカついてます!


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己破産 - ジャンル:ファイナンス

自己破産申し立ての為の書類作成 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。