FC2ブログ

自己破産顛末記

ある日突然押し付けられた借金3000万!難病&介護する親を抱えた専業主婦の私が実際に体験した自己破産体験記です。 同じような被害に遭った方や 自己破産をお考えの方の参考になればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【実話】自宅が競売になっても逃げちゃ損!

元夫の家が競売にかかり売れた事を前回書きましたが
落札者が困ってるようです。(相談にみえました)

何故なら、元夫は裁判所が写真を取りに来た時点では居て
その後、失踪したからです。
競売の詳細資料には本人が「私一人で住んでいます」と書いてますし
当然、もしかしたら明け渡しに手間取る事は予想はしていても
家財道具など全部置いたまま失踪するとは思わないでしょう。
だからこそ高いお金で落札したのだと思います。

この後、その置いて行った家財道具や荷物は強制執行されます。
競売は不動産を落札したのであって動産(家具や家財)は所有者のもの
落札者が勝手に処分出来ないのです。
なので落札者は裁判所に申し立てて処分して貰うのですが
それって莫大な費用がかかるんですよね。

これが失踪して無かったら、強制執行の費用を出す位ならば
多分、落札者は引越代位出すのはは安いものでしょう。

そう!失踪しなければ競売でも引越代が出る
かも知れないのです。

それを元夫は
「もう競売しか無いから引越代も出ない」と
早々と見切りを付けて失踪しちゃったのですが

何度も言いますが馬鹿!

競売時の資料の部屋の写真を見ると高級TVも残っていたし
外国産の人気バイクもそのまま・・・
ちゃんと落札者と話し合って穏便に明け渡していれば
それらを処分されず自分で処分すれば幾許かのお金になったでしょうし
話し合い次第では引越代や引越先を探して貰えたかも知れません。


もしも、今、自宅が競売になりそうな方がいらしゃいましたら
キチンと落札者と向き合い交渉しましょう。
相手だってこれ以上裁判所に余計な莫大な費用と労力は払いたくないですから
ある程度の希望は聞いてくれる場合も多いかと思います。


何より逃げちゃうのは損だし最低最悪の行為です。
ヘタしたら競売後の借金の残金や滞納税金にプラスして
その強制執行にかかる莫大な費用も請求される事すらあるそうです。

(量などにも拠りますが100万以上??)

・・・これ、私に請求されたらと思うと、また1つ悩みが増えました(-_-;)
何処まで元夫は迷惑をかけたら気が済むんだろう・・・

ランキングに参加しています。


にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ




スポンサーサイト

担保不動産の処分や税金など |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。