自己破産顛末記

ある日突然押し付けられた借金3000万!難病&介護する親を抱えた専業主婦の私が実際に体験した自己破産体験記です。 同じような被害に遭った方や 自己破産をお考えの方の参考になればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【実体験】弁護士受任の色々な書類と自己破産の今後の流れ

東京の弁護士事務所に決め、受任に必要な書類を作成しました。

頂いた書類は以下。
①重要事項説明書2通(1通は私の控え)
 契約前に社会情勢や事案の難易度などで期間や費用が変わる恐れもある事
 また虚偽申告をしたりした場合、代理人を辞任する場合もあるなど
 色々と記載されています。
 
②委任契約書2通(1通は私の控え)
 こちらは契約書である事は勿論ですが、途中で契約解除した場合の金額や
 別途発生した場合の事項に関する費用も細かく記載されていました。

③請求書
 弁護士費用の請求書です。
 指定の口座が記載されていました。

④委任状1通
 これから代理人として動いて頂くためのものです。

⑤訴訟委任状3通
 債権者が訴訟を起こした場合のもので債権者の数分用意してくれました。
 正直、これは見て青くなりましたし焦りました。

⑥返金口座確認書1通
 これは私には関係無いのですが、過払い金などが発生した場合必要との事

⑦今後の手続きについての注意点1通
 (大雑把に書きますが以下のような内容でした)
 ・お支払いを停止してください
 ・今後新たな借り入れが出来なくなります
 ・債権者から連絡が来た場合の対処法
 ・給与振込み口座について
 (借入先の金融機関に振込み口座がある場合、速やかに別の銀行へ変更する事)
 ・資産を処分する際の注意点
 (勝手に処分しない事、勤務先を退職して退職金を受け取る場合も連絡する事)
 ・債権者漏れが無いか?あったら速やかに連絡する事
 ・弁護士費用について
 (分割払いでも支払い困難になったら相談する事など)
 ・破産手続きの決定について
 (あくまでも裁判所が決定する事である事
 ・今後の手続きについて
  □依頼から当面の間は当職にて債権債務の調査を行います。
  □住所電話番号などが変更になったら必ず連絡を下さい
  □郵便による連絡を差し上げる場合、基本白封筒・個人名でお送り致します。
  □裁判所から書類が届いた場合速やかに必ずご連絡下さい。
 ・お願い
  □事務所から電話着信がありましたら折り返しご連絡下さい
  □不明点が御座いましたらご自身で判断せずに連絡を下さい

⑧破産手続き概要
 自己破産の流れがわかり易く図解された文書でした。

小額管財事件(基本手続き)
受任→債権調査・資産調査等→必要書類収集→申し立て
→破産手続き開始決定→管財人面談→債権者集会→免責
※原則として管財人面接と債権者集会各1回はご本人の出頭が必要です。

同時廃止事件(例外手続き)
受任→債権調査・資産調査等→必要書類収集→申し立て
→破産決定日→免責審尋→免責
※原則として、免責審尋にご本人の出頭が必要です。

これらの書類に署名捺印し、身分証のコピーと
あれば借入先の資料を提出したら受任完了でした。

その後、すぐに債権者に受任通知を送って貰え一安心でした。

尚、本来は契約時には弁護士との面談が必要ですが、
本人が病気で来所が困難な場合や親の介護など、理由がある場合、
その旨の書類を書けば来所しなくても受任して貰えます。


私の場合も弁護士事務所へ行ったのは一度きり。
(免責になってからお礼にお伺いしましたが)
後は全て電話と郵送のやり取りでしたから遠くに事務所がある事は関係なかったです。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ


スポンサーサイト

テーマ:自己破産 - ジャンル:ファイナンス

弁護士受任の色々な書類と自己破産の今後の流れ |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。