自己破産顛末記

ある日突然押し付けられた借金3000万!難病&介護する親を抱えた専業主婦の私が実際に体験した自己破産体験記です。 同じような被害に遭った方や 自己破産をお考えの方の参考になればと思います。

【実体験】諦めないで!不動産があっても管財事件にならない場合も!

自宅がある場合の自己破産は、管財事件になるのが原則です。
自己破産には同時廃止と管財事件がありますが、
その違いは主として処分できる資産の有無によります。


私の場合は土地建物が名義上ありますから
「良くて小額管財」と覚悟を決めて東京地裁にしました。
東京地裁だと「小額管財」というのがあり
通常の管財事件だと50万位予納金を払うのですが
小額管財事件にして貰えれば20万程度で済む。

弁護士費用+20万は痛いけど3000万払うよりはずっといい!
そう思ってました。

・・・もしくは訴訟覚悟で競売が終わってから申し立てするか・・・?

しかし、弁護士から思いがけない指示。
その指示を受けてネットで一括無料査定をお願いしました。
2~3社と言われたけど、一括だと大手4社纏めてになりました。
その中には以前、元夫が売却を依頼した会社もありました。
(そのお陰で売却時の元夫の暮らしぶりなども聞く事が出来たのですが)

取り合えず「至急」と査定をお願いしたものの
当たり前だけど登記簿上の持ち主ではあるけど
本当の住人じゃないから中には入れない。
なので不動産会社の担当者には全て正直に話し
外観と築年数、窓から覗いた範囲で査定して貰う事にしました。
間取りなどは、どの会社も建てた会社に問い合わせてくれました。

元夫の家は・・・
築年数13年経っているとはいえ、同じ分譲地内でも異質でした。
20年保障の付いた家でしたので他のお宅は新築時と変わらないのに
最初の督促状が来た時に行った時に見た元夫の家はオバケ屋敷・・・
いやゴミ屋敷に近かったかも知れません。

私はほんの数ヶ月しか居なかったのですが
お庭はゴルフ場に使う芝を取り寄せ、一年中緑になるようにしましたし
薔薇や花木を植え、ガーデンファニチャーも凝り
数年後には自慢の庭になるであろうとワクワクして庭作りをしましたが・・・
私が植えた花々は見事に跡形も無く、ガーデン用品だけが
空しくそのまま雑草が絡みついた状態で転がっていました。

元夫家族は私を追い出してからは手入れもせず雑草も生やし放題、
つる性の雑草が建物を覆い尽くし、
それが電柱に絡み付いて何度か電線が切れて御近所でも大迷惑だったそう。
だから私が御近所に聞き込みに伺った時
「貴女が居たときは良かったわ~!」と
皆さん、本当に協力的に色々教えて下さいました。

元夫が家族で住んでいた時からそんな状態でしたから
失踪した後はもっと悲惨な状態になっていました。
middle_1348492941.jpg
私の自宅じゃないので、全体像はお見せ出来ませんが・・・
建物の影になってる側の庭には壊れた家電などが積み上げられてましたし
玄関には「金返せ!」「バカ」などの落書き。
そして通りに面している部分は屋根まで雑草に覆われていました。

窓から家の中を覗くとゴミや不用品?などで床が見えない程!
とにかく汚い!!!

こんなズサンな建物管理の上、東日本大震災の影響で
地盤の弱い、この地域の不動産の値段は暴落していました。
購入当初は3500万だった、この家。
それが、4社に査定して貰いましたが平均すると価値は1000万切っていました。


弁護士に言われた通りに任意売却と同じ形式で査定書を作って貰い
それを提出した所・・・
「オーバーローンで行けますね!」

???オーバーローンって何?

何でも東京地裁は、物件査定額の1,5倍以上のオーバーローンの住宅であって、
他に資産がなければ、同時廃止とするそうです。
つまり、被担保債務残額÷不動産評価額=約1,5倍以上になる場合です。

なぜそのように取扱うかですが、たとえ資産があってもオーバーローンでは
換価処分の意味がありませんし、処分費用がかかるだけになってしまうからだそうです。


私の場合、被担保債務残額÷不動産評価額=が3倍ですので、まさにオーバーローン!
弁護士事務所は早速「オーバーローン上申書」も作成してくれました。

これで不動産は無いものとして申し立てが出来ます!
同時廃止として申し立てるので、管財事件のように高い予納金も払わないで良いだけでなく
破産管財人に郵便物を閲覧されたり旅行を制限されたりも無いのです。

元夫の家を見たとき、あまりの荒廃ぶりに
「これじゃ売っても焼け石に水で残債が凄い事になる」と落胆しましたが
その時は「ズサンな管理でありがとう!」って気分でした。

※ただし!査定額を下げる為にワザと建物を破壊したり汚したりはダメです!
「債権者を害する目的で,破産財団に属し,又は属すべき財産の隠匿,損壊,
債権者に不利益な処分その他の破産財団の価値を不当に減少させる行為をしたこと」
という免責不許可事由に該当しちゃいますので注意して下さい。


また、この「オーバーローン」は全ての裁判所で出来るかは解りません。
現在、元夫も自己破産の手続きをしていますが
ヤツは任意売却の為に弁護士に不動産会社を紹介して貰っているようなので
もしかしたら地元管轄の裁判所では出来ないのかも知れません。

その辺りは弁護士や裁判所などに問い合わせてみると良いと思います。

とにかく!
私は不動産があっても同時廃止で自己破産が出来ました!
足掻いてみても損は無いと思います。

査定は無料ですからダメ元で今の価格を調べてみるといいと思います。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ


スポンサーサイト

テーマ:自己破産 - ジャンル:ファイナンス

オーバーローンって? |
| ホーム |