自己破産顛末記

ある日突然押し付けられた借金3000万!難病&介護する親を抱えた専業主婦の私が実際に体験した自己破産体験記です。 同じような被害に遭った方や 自己破産をお考えの方の参考になればと思います。

【実体験】いっそ死んでいてくれれば良かったのにと本気で思いました。

・・・と、のっけから物騒なタイトルでスミマセン。

ある程度、状況が把握出来た所で、
私の中にある心配が持ち上がりました。

普通の神経なら愛人と隠し子の為に当時の妻を騙し追い出し
不幸のどん底に一旦落としておきながら
また再度、地獄に落とすような事は出来ませんし

ましてや、そうまでして守りたかった愛人と隠し子に愛想尽かされ
2度も結婚に失敗して、仕事は長続きしない。
今は一応は仕事しているが不満だらけ。
多分、今度も長続きはしないだろう。
その時、住宅ローンはまだ支払い中でしたが税金はすでに3年以上滞納。
電話やその他カードなどの借金も膨れ上がっていたら・・・

これはあくまで私だったらの場合ですが死を選ぶと思うんです。
これ以上人様に迷惑をかけないで済むように・・・

「もしかしたら(家の中で)死んでいるのでは?」
住宅ローンの滞納が1年前。
御近所の話だと丁度1年前から人のいる気配が無かったとの事。

もう一度、元夫の家に行き、電気のメーターを見ました。
電気は失踪しているのに関わらず止まってませんでした!

これは一体どういう事だろう?
失踪してると見せかけて暮らしているのだろうか?
でも暮らしているとしたら高台にある建物なので
御近所さんに丸見えです。

取り合えず、中で自殺してる可能性も考えて警察に相談してみました。
中に入るのは家族でないと出来ないとの事で外からと
御近所さんに協力頂いて他所宅のベランダから2階の窓の中などを見て貰い
「やはり中に入らないと解らない」との事でした。

皮肉な話ですよね。
もう家族じゃないのに借金だけは背負わされて
もう家族じゃないからって、必要な事すら調べられない。

仕方ないので元夫の実家に少々オーバーに話しました。
「かれこれ1年人のいる気配が無く、警察に確認して貰ったけど
中に入らないと遺体があるかどうか解らない」と。
これには元夫の家族も慌てたようで、すぐに警察に行ったようです。
(後日、御近所さんが報告してくれました)
お兄さん立会いで警察が中に入りましたが本人は不在。
つまりは死んで無かったという事です。

私としてみたら死後1年も経った遺体と対面しないで済んだと思った反面
「1年前に死んでくれていれば迷惑かけられる事も無かったのに」
・・・と非常ですが残念な気持ちになりました。

まだ団信が生きている状態(1年前)に死んでいたらローンは保険から支払われた。
滞納して期限の利益を失った後は団信そのものが失効してしまう。

ヤツは生命保険なども一切入るような性格では無かったので宛てに出来ない。
そもそも健康保険料や住民税すら滞納してるヤツが保険も払う訳ないか・・・

もしも死んでくれていたら、法定相続人との話し合いになるので
「相手がいないので話し合いが出来ない」事も無かった訳です。

ですがヤツは「人として当たり前の感情」すら持ち合わせて無かったんですね。
ただただ自分が楽になりたい為だけに生き延びる。
最低の人間以下の存在です。

その証拠に失踪してから彼はバイク屋からスクーターを借りています。
逃走の為の足に使ったのでしょう。
(自分のバイクでは足が着くと思ったのでしょうね)

ヤツが生きている事が解ったら、もう迷いはありませんでした。
とことん戦うしかないのです。

※何度も書きますが、これは自殺を推奨してる訳ではありません。
私が当初、思っていた事を記録したに過ぎません。
ですが、借金を押し付けられ、しかもその相手に失踪された保証人などは
失踪した人間を「殺したい!」と思うほど恨んでも仕方ないと思います。
もし同じ様に失踪してる方が御覧になっているのでしたら
1日でも早く出てきて債務整理して下さい。
でないと、後で書きますが元夫のように、更に悲惨な現実が待ってます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ


スポンサーサイト

テーマ:自己破産 - ジャンル:ファイナンス

いっそ死んでいてくれれば良かったのに |
| ホーム |